トップページ日本語OPI 研究会の活動>定例会報告 

定例会・講演・研究発表等の報告

 日本語OPI研究会では、年3回定例会を行い、会運営のための討議、ACTFL-OPI に関する情報の交換に加え、会員による研究発表、トレーナー(公式試験官認定委員)による講演、テープ判定会(インタビューテープを聞いて、インタビューの仕方や判定方法 について討論するブラッシュアップセッション)などを行っています。

第79回定例研究会(2012.7.21.)
鎌田修トレーナー「牧野成一先生退官記念フォー ラムにおけるOPIに関連 した研究発表の報告」
第76回定例研究会(2011.6.25) 堀恵子氏「日本 語能力試験の大規模試験としてのあり方」(PDF)
研究発表会・講演会(2009.8.1) 奥野由紀子氏(横浜国立大学留学生センター) 「ある 韓国人留学生の縦断的な発話の変化」(PDF)
橋本直幸氏(首都大学東京) 「OPIから見た「話題」と「語彙」の関係」(PDF)          
牧野成一トレーナー(プリンストン大学) 「第2文化習得理論をめぐる問題」
第70回定例研究会
(2009.6.6)
鎌田修トレーナー 「OPI の意義と異議 -プロフィシェンシー研究にむけて-」

研究発表会・講演会
(2008.8.11)

牧野成一トレーナー 「OPIの将来」
荻原稚佳子氏 「ACTFL-OPI 超級話者の特徴―上級話者との比較から―」 
西川寛之氏 「OPIのこと知っていますか?―他の試験との受験情報の比較 値段・申込方法について―」

第65回定例研究会
(2007.11.10)
嶋田和子トレーナー 「OPI で教師力アップ−教育現場でのOPI 活用法−」
第62回定例研究会
(2006.12.24)
牧野成一トレーナー 「Common European Framework of Reference for Languages とACTFLの話す能力基準に違いがあるのか。」
第58回定例研究会
(2005.12.25)
牧野成一トレーナー 「ACTFL OPIトレーナーミーティングの報告」
第56回定例研究会
(2005.6.18)
鎌田修トレーナー 「OPIと文化能力」
第54回定例研究会
(2004.12.26)
牧野成一トレーナー「言 語と文化のダブル・アセスメントのロールプレイは可能か」
第50回定例研究会(2003.12.25) 牧野成一トレーナー 「・・・超級話者判定に関わる諸 問題・・・」
会 話教育のための講演会
−談話分析と会話教育−

(2003.9.13)
宇佐美まゆみ氏(東京外国語大 学) 「談話分析と日 本語教育」
渡辺素和子トレーナー(ポートランド州立大学) 「談話分析とOPI-その接点」
全体討議: 「談話分析の可能性と会話教育への生かし方を探る」
第44回定例研究会
(2002.12.23)
牧野成一トレーナー 「「まあ」はどうして上級話者のマーカーの一つでありえるのか」
第42回定例研究会
(2002.7.27)
牧野成一トレーナー 「文化能力基準はあり得るか?」
第37回定例研究会
(2000.12.10)
牧野成一トレーナー 「アメリカにおける日本事情教育と日本語教育の接点 −Content-Based Instructionをめぐって」
横山紀子氏 「プレースメントテストにおけるOPIと日本語能力試験結果の分析」 
第36回定例研究会
(2000.7.9)
牧野成一トレーナー 「超級レベルにおける判定について」