トップページ日本語OPI 研究会の活動>国際シンポジウム 

国際シンポジウム

 日本語OPI 研究会は、他のOPI研究会と協力しながら、世界の各地で国際OPIシンポジウムを開催、共催しています。またこれらに参加した会員からの情報を交換したりしています。

2013 第9回 OPI 国際シンポジウム香港大会
(2013.11.2-3 香港:香港中文大學 ) 予稿集
  ・テー マ:「OPI とオーセンティシティー −オーセンティシティーとプロフィシェンシー
に基づく日本語教育のあり方−」
 

・基調講演I「文化能力はどうやって測るか。」牧野成一
・基調講演 II「香港の日本語教育とプロフィシェンシー ―調査報告と今後の課題―」宇田川洋子


2011 第8回 OPI 国際シンポジウムポートランド大会
( 2011. 8.6-7  アメリカ:ポートランド州立大学 )
  ・テー マ:「OPI とオーセンティシティー −オーセンティシティーとプロフィシェンシー
      に基づく日本語教育のあり方−」
  ・基調講演1:「Holding one another accountable in OPIs: 会話分析から見るOPI」 John Hellerman
・基調講演2:「Pedagogy of Authentic Spoken Japanese オーセンティックな話し言葉の日本語教授法」木稲恵美子

・パネルディスカッション(1)
「ロールプレイの問題点と可能性」岩崎典子、嶋田和子、三浦謙一
・パネルディスカッション(2)
「日本語教育におけるオーセンティシティー」當作靖彦、野山広、岩崎典子
・パネルディスカッション(3)
「プロフィシェンシーとオーセンティシティー
―話しことば・書きことばに見るオーセンティシティーとその教材化―」由井紀久子、
鎌田修、宇佐美まゆみ
2010  日本語プロフィシェンシー研究会  国際シンポジウム
「生活日本語とプロフィシェンシー:−プロフィシェンシーの原点である現実生活における日本語能力の探求−」
( 2010. 7.16-18  北海道:函館国際ホテル )
  シンポジウムテーマ講演 「外国語習得とホームステイ」カ ルマノ ミカエル

・基調講演「対話とは何か-新しい時代に要求されるコミュニケーション能力-」平田オリザ

・パネル「生活日本語とプロフィシェンシー」
 「ホームステイ−言語文化学習者にとってのパフォーマンストレーニング」 川村宏明
 「プロフィシェンシーと評価 -その多様性に挑む?」 伊東祐郎
 「定住外国人の言語生活を支えるプロフィシェンシー -地域縦断調査のデータからみえてきたこと-」 野山 広
 「OPIの可能性と限界を再考する -多様な日本語使用者のためのOPIとは- 」 嶋田和子

・プロフィシェンシーワークショップ
 (1)プロフィシェンシーのためのスピーキング   川口義一
 (2)プロフィシェンシーのためのリスニング   松崎寛
 (3)プロフィシェンシーのためのリーディング ボイクマン総 子
 (4)プロフィシェンシーのためのライティング
 由井紀久子

・ OPIファミリアライゼーション  牧野成一トレーナー

・ OPIリフレッシャーワークショップ
 渡辺素和子トレーナー

2009 第7回 OPI 国際シンポジウムソウル大会 ( 2009. 8.19-20  ソウル:韓国教育課程評価院 )
  ・基調講演:「東 アジアにおける外国語教育と口頭能力評価」李徳奉
  ・OPIブラッ シュアップセッション
  ・各研究会報告  最近の動向(東京、関西、九州、欧州、韓国)

・パネルディス カッション:「コンピューターによる口頭能力評価の現状と課題」 鎌田修, 渡辺素和子, 崔正洵, 朴敏瑛, 櫻井惠子
2007 第6回OPI国際シンポジウム:京 都(2007.8.18-19 京都:キャンパスプラザ京都) →プログラム
  第6回国際OPIシンポジウム開催に寄せて 鎌田 修
  基調講演報告:「第二言語で話すということ:言語運用力とコミュニケーション  野原ゆかり
  パネルディスカッションI: 第二言語教育におけるプロフィシェンシー  迫田久美子
  パネルディスカッションII: 日本語教育におけるプロフィシェンシー  嶋田和子
  ACTFL-OPI テスター・リフレッシャー・ワークショップ報 告 奥野由紀子
  研究口頭発表:第1会場 報告 水上由美
  研究口頭発表:第2会場 報告 岩佐詩子
  研究口頭発表:第3会場 報告 和泉元千春、山中 都
  第4会場(英語ACTFL-OPI デモ)及び第5会場(ポスター発表)  報告 長松谷有紀

故キリル・ラデフ氏(Dr.Kiril Radev)追悼について

ACTFLからのメール

参加者の感想 萩原幸司、高橋薫
2006 第5回OPI国際シンポジウム:ベ ルリン(2006.8.24-26 ドイツ:ベルリン日独センター) →プログラム
  ・報告1「全体」 嶋田和子
  ・報告2「パネルディスカッション」 庄司惠雄
  ・報告3「セミナールーム1」 赤木美香

・報告4「セミナールーム2」 浦上信子

・報告5「ホール会場」 錦見静恵
2005 第4回OPI国際シンポジウム:函 館(2005.7.30-31 函館:函館国際ホテル) →プログラム
  ・全体報告「「麗しの函館で」―ハコシン日記」 堀井惠子(実行委員長)
  ・報告2「パネルディスカッション」 嶋田和子
  ・報告3「研究発表 会場A」 徳永由佳

・報告4「研究発表 会場B」 坂井菜緒

・報告5「シンポジウム運営委員より(1)」 西川寛之

・報告6「シンポジウム運営委員より(2)」 池田隆介
2004 第3回OPI国際シンポジウム:プ リンストン(2004.8.21-22 アメリカ:プリンストン大学) →プログラム
  ・発表要旨「上級話者への会話教育の指針」 荻原稚佳子 他
  ・発表要旨「中級レベル以下の発話能力を大規模に測る」 庄司惠雄
  ・報告文「研究発表に関する報告」 神山光子
2003 第2回OPI国際シンポジウム:ソ ウル(2003.8.20-21 韓国:建国大学) →プログラム
  ・開会の辞 櫻井恵子(韓国日本語OPI研究会会長)
  ・報告1「ソウルOPI国際シンポジウムに参加して」 駒井裕子 
  ・報告2「研究発表に関する報告」 金庭久美子 

・報告3「トレーナーセッションの報告」 有澤田鶴子 

・報告4「全体討議報告」 狩谷 洋子 
2002  第1回OP国際Iシンポジウム:エディンバラ(2002.8.28-29  英国:エディンバラ大学) →プログラム
  ・報告1「エジンバラ・シンポジウム」(全体についての報告)  萬力津絵
  ・報告2「トレーナー全員によるパネルセッション」  遠藤藍子

・報告3「研究発表に関する報告」  水本光美

・報告4「エディンバラOPIシンポジウムに参加して」  奥村圭子(ヨーロッパ日本語教師会)