トップページ日本語OPI 研究会の活動学会・研究会・シンポジウム>エディンバラOPIシンポジウム

 

エディンバラOPIシンポジウム

2002年8月28日(水)〜29日(木)
エディンバラ大学(英国)

8月28日(水)

--- Pre-Symposium ---

9:00 - 12:00 ファミリアライゼーション・ワークショップ

 1.OPIイントロダクション (Elvira Swender, Director, ACTFL Professional Developments)
 2.英語OPIのデモンストレーションと討論(同上)
 (休憩)
 3.日本語OPIのデモンストレーション(1)(鎌田修)
 4.討論 (牧野成一)

(昼食)

--- Main Symposium ---

13:00 - 13:15 開会の挨拶:

 Ian Astley(エディンバラ大学 アジア研究学部学部長)
 松本・スタート洋子(英国OPI研究会, エディンバラ大学)
 鎌田修(関西OPI研究会, 京都外国語大学)

13:15 - 14:15 OPI ビデオテープの発表(2)と討論 : 足立祐子(関西OPI

 (ビデオテープを見た後、全員でレーティングを検討します。その後、発表者のレベル判定と
 判定理由などを中心に討論を行い、最後にトレーナーによるレベル判定を発表します。)

14:15 - 15:15 OPI ビデオテープの発表(3)と討論 : 嶋田和子(日本語OPI・関西OPI

(休憩)

15:45 - 17:45 トレーナー全員によるパネルセッション(1): 「技術と応用」

 ・するべきこと,してはいけないこと:三浦
 ・超級レベルのロールプレイ:齊藤
 ・トリプルパンチのテクニック:渡辺
 ・被験者へのフィードバック:鎌田
 ・主要境界レベルでのレーティングのバラつき:Swender

 <パネリスト>
 鎌田修,齊藤眞理子,Elvira Swender,牧野成一,三浦謙一,山内博之,渡辺素和子

18:30-19:15 親睦会: スコッチウイスキー試飲会
19:30-22:00 親睦会、食事 (会場:St Leonard's Hall)

8月29日(木)

9:00 - 10:30 研究発表:

 1.OPI日本語学習者発話コーパス構築に向けて
  松本‐スタート洋子(英国OPI
 2.OPI発話データにおける「テキストの型」―「節」を発達指標とした数量分析―
  奥野由紀子 金澤眞智子 宮瀬真理 山本真知子(関西OPI
 3.OPIにおける「文」の分析−判定基準の客観化・簡易化に向けて−
  山内博之(トレーナー、関西OPI

(休憩)

10:50 - 12:20 研究発表:

 4.日本語OPIに見られるストラテジーの使用について
  荻原稚佳子,齊藤眞理子,伊藤とく美(日本語OPI
 5.OPIにおける“議論”について
  岩崎典子,渡辺素和子(米国OPI
 6.中級・上級・超級学習者の使用語彙の分析
  桜井恵子, 斎藤麻子, 菊竹恭子, 稲熊美保, 呉智恵(韓国OPI

(昼食)

13:30 - 15:30 トレーナー全員によるパネルセッション(2):「理論と解釈」

 ・マニュアルとガイドラインの解釈:牧野
 ・新旧ガイドラインの違い:山内
 ・超級レベルの:渡辺,齊藤
 ・中級のための超級への,初級のための上級への突き上げ:牧野

 <パネリスト>
 鎌田修,齊藤眞理子,Elvira Swender,牧野成一,三浦謙一,山内博之, 渡辺素和子

休憩とエンタテーメント(ケルティックハープ生演奏 by Sophie Askew)

16:00 - 17:00 参加者全員による質疑応答

17:00 - 17:30 まとめと閉会の挨拶: 鎌田,松本・スタート