トップページ日本語OPI 研究会の活動OPI国際シンポジウム>2004プリンストン


第3回国際OPIシンポジウム/ 第12回プリンストン日本語教育フォーラム

日時:2004年 8月21日〜22日
場所:アメリカ:プリンストン大学

8月21日(土曜日)プリ・シンポジウム/フォーラム

午前の部  非公式OPI 入門 (OPI のデモンストレーション二つ)

8:55 - 9:00 開会のご挨拶   プリンストン大学東洋学部長 Susan Naquin 教授
9:00 - 10:00  鎌田修(南山大学)「OPI入門」
10:00 - 10:30 斉藤真理子(文化女子大学)「OPIデモンストレーション」

10:30 - 10:45 15分間の休憩

10:45 - 11:00 鎌田修  「デモのOPIのレベル アセスメント」
11:00 - 11:30 三浦謙一(Temple University) 「OPIデモンストレーション」
11:30 - 11:45 鎌田修  「デモのOPIのレベル アセスメント」
11:45- 12:00 質疑応答

12:00 - 1:30 昼食

午後の部   シンポジウム

1:30 - 3:00 OPI ビデオ(2本)とその討議
1:30 - 2:30 山内博之(実践女子大学)「OPIビデオ#1 ( 上級)とその討議」
2:30 - 3:30 渡辺素和子((Portland State University) 「OPIビデオ#2 (超級)と その討議」

3:30 - 3:45 15分間休憩

3:45 -4:15 エルヴィラ スウェンダー (ACTFL)
 「超級レベルの問題点の討議-- 2003 年11月 ACTFL 大会でのトレーナー会議で の討 議結果の報告」(渡辺素和子 通訳)
415 - 5:15 日本、韓国、欧州のOPI研究会会長からの報告
4:15 - 4:45 J-OPI-J (日本) 鎌田修 、堀井恵子(武蔵野女子大学)
4:45 - 5:00 J-OPI-K(韓国) 斉藤麻子 (韓国:明知大学)
5:00 - 5:15 J-OPI-E (欧州) 山田 ・Bochynek頼子(ドイツ: べルリン自由大学)

6:00 - 9:00 学内のProspect Houseでレセプションと夕食会

8月22日 (日曜日)

午前の部

8:55 - 9:00 基調講演者の紹介 牧野成一 
9:00 - 10: 00 (+質疑応答の20分)  基調講演   Dr. Judith Liskin-Gasparro (アイオア大学スペイン語科教授)
「21世紀におけるACTFLガイドラインと口頭能力のアセスメント」 (通訳は時間の都合でありません。和文要約をご参照ください。)

10:20 - 10:35   15分間休憩

10: 35 - 10:55 奥野由紀子(横浜国立大学), 三井久美子(京都外国語大学) , 松島弘枝(京都外国語大学),  山田あづさ(京都外国語大学), 山本真知子(京都外国語大学)
  縦断的な発話データに基づく「節」の分析 -- 上級に現れる「ケド」に着目して--
11:05 - 11:25 ハドソン遠藤睦子 (Michigan State University)
 会話における" 不必要な"要素を教える必要
11:35 - 1:055 筒井通雄 (University of Washington)
 効果的な遅延型フィードバックのためのエラー分析

12:05 - 1:30  昼食

午後の部

パラレル セッション A:

1:30 - 1: 50 近藤純子 (University of Michigan)
 OPIにおけるフィラー使用と理由を表わす表現のレベル別特徴。
2:00 - 2:20 荻原雅佳子(早稲田大学), 斉藤真理子(文化女子大学) , 増田真佐子(中央大学), 伊藤とく美 (横浜簿記テクノビジネス専門学校)
 上級話者への会話教育の指針 -- OPIレベル別特徴の分析から --

2: 30 - 2:45

2:45 - 3: 05 山根恵美 (山陽学園大学)
 高校の交換留学生における異文化理解と言語習得 -- OPIの談話分析を中心に -
3:15 - 3:35 奥村圭子
 初級日本語学習者が使用する達成ストラテジーの階層的変化

3: 45 - 4:00 15分間休憩

4: 00 - 4:20 上村隆一, 水本光美, 池田隆介 (北九州市立大学)
 日本語OPI標準モデルの構築に関する研究プロジェクトについて
4:30 - 4:50 浜田正子, 田中ゆきの, Dave Segal (Villanova University)
 Oral Proficiency Assessment Through Virtual On-Line Learning
5:00 - 5:20 Hisayo Okano Lipton (Stanford University)
 Introducing Conversational Narrative to the First-Year Students.

パラレル セッション B:

1:30 - 1: 50 岡まゆり (University of Michigan, U.S.A.)
 比喩表現の使用頻度はOPIレベル判定のマーカーとなりうるか。
2:00 - 2:20 広谷真紀 (Purdue University, U.S.A.)
 CMC の長期使用による日本語学習者のOral Proficiencyの伸びの検証。

2: 30 - 2:45 15分間休憩

2:45 - 3: 05 庄司恵雄 (お茶の水大学)
 チェックリスト式評価法を用いた大規模口頭能力測定の有効性の検討。
3:15 - 3:35  荻原章子, 榊原芳美 (Michigan State University)
 会話上達のための自己評価プロジェクト

3: 45 - 4:00 15分間休憩

4: 00 - 4:20 松本 - スタート洋子 (University of Edinburgh)
 A dialogue Model of the discourse Structure for the Oral Proficiency Interview
4:30 - 4:50 根本菜穂子 (Mount Holyoke College)
 A Pragmatic Approach to -n desu: Merits of Incorporating "Storytelling" in Elementary Japanese
5:00 - 5:20 相田幸江 (University of Texas)
 Storytelling by Students of first Year Japanese
5:30 閉会のご挨拶 牧野 成一 (プリンストン大学)