北海道国際交流センター日本語・日本文化講座20周年記念シンポジウム
& 第4回 OPI国際シンポジウム 開催案内

日程:2005年7月29日(金)〜31日(日)
会場:函館国際ホテル/北海道国際交流センター

 言語と文化は切っても切れない関係にあります。日本語教育においても、日本文化を無視することはできません。しかし、この関係は十分に議論されつくされたとは言えないでしょう。

 この度、北海道函館市において20年にわたり8週間の「夏期集中日本語・日本文化講座」を行ってきた(財)北海道国際交流センター(HIF)と、日本語の会話能力測定において先駆的な役割を果たしているOPI(Oral Proficiency Interview)研究会が、日本語教育、とりわけ、会話能力測定の研究と開発において文化とその精神性をどう位置づけるかをテーマにした記念シンポジウムを行います。 どうぞ、ふるってご参加下さい。

テーマ:日本語教育と文化

主催:北海道国際交流センター、日本語OPI研究会、関西OPI研究会
参加費:会員3000円、非会員5000円 (予稿集、30日の昼食を含む) 懇親会費3000円

前夜祭: 7月29日(金) 北海道国際交流センター(HIF)20周年記念行事

於:函館国際ホテル

13:15-15:15
スピーチ・コンテスト 
(日本語・日本文化講座夏期セミナーのプログラムの一環)
15:30-17:30
パネル 「"道"と日本のこころ」 
主催:
(財)北海道国際交流センター
コーディネーター:
佐藤幸宏
パネラー:
中島荘牛(書道)
恩村宗恭(茶道)
船矢雪瞳(華道)
ドナルド・ミラー(剣道)

第1日目 7月30日(土) OPIシンポジウム

於:函館国際ホテル  総合司会:堀井恵子

9:30-10:00
開会式 & 挨拶
10:00-12:00
基調講演「語る、聴く、沈黙する」
山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)
コメンテーター:牧野成一(プリンストン大学教授)
12:00-13:30
昼食
13:30-16:30

 

 

パネルディスカッション:「文化能力は測れるか?」 (司会:嶋田和子)
13:30-13:35 趣旨説明と構成(司会)
13:35-15:15
  OPIにおける文化能力
鎌田修(南山大学教授)
  アメリカの日本語教育における文化の教育と評価:理想と現実
當作靖彦(カリフォルニア大学サン・ディエゴ校教授)
  CEFヨーロッパ言語共通参照枠組み」から「日本語文化能力記述子・評価測定」へ
 − ドイツ日本学からの貢献
山田・ボヒネック・頼子(ベルリン自由大学準教授)
  ブルガリアの日本語教育と接触場面を配慮した日本文化・ブルガリア文化の扱い
キリル・ラデフ(ソフィア大学助教授)
  ホストファミリーにおける異文化接触 −その事例の数々−
平出京子(HIFホストファミリーの会会長)
15:15-15:30 休憩
15:30-16:30 パネリスト間、およびフロアとのやり取り
16:30-16:45
休憩
16:45-17:45
「一味違うOPI入門」
マニュアルに書いてないOPIのコツ・本質を1時間で伝授します!
山内博之(実践女子大学助教授)
17:45-18:00
OPIネットワーク結成式
18:30-
懇親会(エンターテインメントつき)

第2日目 7月31日(日) OPIデモンストレーションと研究発表

於:北海道国際交流センター

9:00-12:00
OPIの技術と発展
OPIデモンストレーション
牧野成一(プリンストン大学教授)
日本語教授法 −OPIからの提言−
山内博之(実践女子大学助教授)
コメンテーター:小林ミナ(北海道大学留学生センター助教授)
12:00-13:00
昼食
13:00-17:00

研究発表 (2会場、12組)

会場A 司会:水本光美、岡田達也
会場B 司会:西川寛之、池田隆介
1. 中国語話者の促音の生成実態 
―OPIデータの分析から
松永美千絵
1. 初級日本語学習者による自己表現の可能性
―ドラマ的手法を通して
伊東克洋
2. KYコーパスでみる日本語学習者の副詞「よく」の使用傾向
萩原孝恵
2. 「うまく構成された議論」とは 
―日本語母語話者OPI分析から
木田真理・木山登茂子・長坂水晶
3. 要求機能を持つ言いさしと対応の連鎖  −日本語母語話者によるインタビューの分析から
荻原稚佳子
3. 発話を引き出しにくい、引き出しやすいロールプレイとは?
森千枝見・桜木ともみ・中石ゆうこ・渡部倫子
4. 日本語OPIのデータベース化をめぐる諸問題
遠藤藍子・鎌田美千子・菅谷奈津恵
4. OPIのロールプレイにあらわれた断り方
―韓国人学習者の場合
桜井恵子・斉藤麻子・朴恵成
15:15-15:30 休憩
5. OPIを通して地域で果たす日本語教育
川崎直子
5. より使いやすい超級ロールプレイカードの作成へ向けて
池谷知子・大林惇子・鳥飼福子・駒井(木寅)裕子
6. ホームステイの夕食時におけるテイル形の使用について
伊藤(横山)美紀
6. OPIロールプレイにおいて「文化」をどう捉えていったらよいのか
西川寛之・堀井惠子・西部由佳
17:00-
閉会