トップページ日本語OPI 研究会の活動OPI国際シンポジウム>第5回OPI国際シンポジウム:ベルリン 報告1 

 

第4回OPI国際シンポジウム:ベルリン 【報告1】

全体報告

嶋田 和子

 8月24日から26日の3日間、ベルリンにおいてOPI国際シンポジウムが開催された。2002年エジンバラよりスタートし、その後毎年実施されてきたOPI国際大会は、ソウル、プリンストン、函館と続き、今回のベルリン大会は第5回目となった。会長山田ボヒネック頼子氏をリーダーとする欧州OPI研究会会員のご尽力により、3日間にわたる国際大会は、充実した有意義なものとなった。

  パネルディスカッション、口頭発表、ポスター発表、レセプションなど全て日独センターで行われたが、ランチタイムは、15分ほど離れたベルリン自由大学に向け参加者全員で大行進。緑深いベルリンの街の散策を思い思いに愉しむことができた。盛りだくさんの充実した内容に加え、運河遊覧船内での懇親会、お手製ケーキのティー・タイムなど随所に欧州OPI会員の温かい配慮が感じられる素晴らしい国際シンポジウムであった。参加者数は110名、ドイツ国内はもとより欧州12カ国、アメリカ、韓国、そして日本からは約30名が参加した。

  今回のシンポジウムの中心テーマは「欧州言語教育理念・政策CEFR(Common European Framework of Reference for Language)と米スタンダードACTFLの接点を探る」であった。その多岐にわたる充実した内容は実行委員会作成のベルシン案内からも見て取ることが出来る。

・言語の普遍性と個別性:欧州言語環境の中の日本語教育テスティング
・「日本語能力試験Can-do-statements(試行版)」
・「能力記述文」という発想―CEFRと「(新)日本語能力試験」の対応を中心に
・「日本語習得」測定法としてのOPI実践・成果・考察
・「日本語プロフィシェンシー」という概念、到達度に基づくシラバス構築
・欧州土壌における「母語者−非母語者日本語教師」関与による口頭表現能力評価法

  基調講演は『CEFR』の著者Brian North氏と、東京外国語大学の宇佐美まゆみ氏によって行われた。North氏からはCEFRとACTFL-OPIとの相関関係についての興味深い報告があった。また宇佐美氏からは「情報伝達の達成度」だけではなく、「ポライトネスの適切性」「言語行動の洗練度」という視点がOPIにおいても重要ではないかという指摘があった。今後こういった点に関してさらに研究会などで議論を重ねていきたいと考える。

  パネルディスカッション『ACTFL日本語OPIと欧州CEF準拠口頭能力評価法の接点を探る』は、アメリカ、イタリアからのパネリストを含む5人のパネリストによって行われた。CEFRとACTFLとの関係、新生日本語能力試験における口頭能力試験創設の可能性が語られる今、OPIを改めて見つめなおす好機となった。また、さまざまな評価に関する議論が進められている時こそ、学習者の立場に立ち、接触場面研究の重要性を忘れてはならないという意見も出された。

  口頭発表6件、ポスター発表2件と、件数は少なめではあったが、それぞれ独自の視点を持った示唆に富んだものだった。OPIデモンストレーションは、毎回国際大会参加者の大きな関心事の一つである。今回は2時間半という時間設定がなされていたことから、十分な意見交換ができた。

  最後に、山田実行委員長より「今後さらに各研究会の連携と協力体制を強化していきたい」という提案がなされた。なお来年度のOPI国際シンポジウムの開催地として、京都外国語大学が予定地であることが報告され(大学側に確認を取り、関西OPI研究会で話し合った上で最終決定)、第5回国際シンポジウムは無事幕を閉じた。