トップページOPI資料集>OPIを授業に生かす

 

「月刊日本語」連載記事

「OPIを授業に生かす」

 ここでは、アルク「月刊日本語」1999年4月号から2000年9月号まで18回にわたって掲載された連載記事「OPIを授業に生かす」を公開しています。日本語OPI研究会のメンバーを中心とした執筆者陣が、OPIの理論から授業での活用方法、OPIデータを用いた研究方法など、様々な角度からOPIを紹介しています。

第1回 <解説・理論編 1> 「OPIとは何か」 北澤 美枝子 (1999年4月号)
第2回 <解説・理論編 2> 「評価基準を考える」 齊藤 眞理子 (1999年5月号)
第3回 <解説・理論編 3> 「インタビューの方法」 深谷 久美子 (1999年6月号)
第4回 <解説・理論編 4> 「ロールプレイの方法」 増田 眞佐子 (1999年7月号)
第5回 <解説・理論編 5> 「OPIテープ判定の方法」 齊藤 眞理子 (1999年8月号)
第6回 <活用編 1> 「テストとしての応用例 − 日本の大学で」 荻原 稚佳子 (1999年9月号)
第7回 <活用編 2> 「テストとしての応用例 − 日本語学校で」 伊藤 とく美 (1999年10月号)
第8回 <活用編 3> 「ビジネスパーソンへの応用例 − プライベートレッスンで」 池崎 美代子 (1999年11月号)
第9回 <活用編 4> 「テストとしての応用例 − 韓国の大学で」 甲斐沢 とし子 (1999年12月号)
第10回 <活用編 5> 「アメリカ・オレゴン州での活用例」 渡辺 素和子 (2000年1月号)
第11回 <活用編 6> 「子どもを対象としたOPIテストの活用法」 中島 和子 (2000年2月号)
第12回 <活用編 7> 「ACTFL外国語基準に基づいたシラバスの作成」 横山 紀子 (2000年3月号)
第13回 <活用編 8> 「OPIによる学習者の追跡調査結果の利用」 深谷 久美子、渡辺 摂 (2000年4月号)
第14回 <調査編 1> 「受講者から見たOPIワークショップのメリット/デメリット」 米田 由喜代 (2000年5月号)
第15回 <調査編 2> 「教室以外での生かし方 − 研究、データ分析などにどう使うか」 山内 博之 (2000年6月号)
第16回 <調査編 3> 「典型例に見る中級話者の発話の特徴」 米田 由喜代 (2000年7月号)
第17回 <調査編 4> 「典型例に見る上・超級話者の発話の特徴」 荻原 稚佳子 (2000年8月号)
第18回 <まとめ> 「OPIの思想とその可能性」 牧野 成一 (2000年9月号)